四十路釣り好き男のブログ

イワナ、ヤマメ釣りにテンカラ釣りを始めてみませんか

私は渓流で代表的な魚であるイワナ、ヤマメを釣るのに、エサ、ルアー釣りを行ってきました。

どちらでも良く釣れますが、日本には古来より毛鉤を使ったテンカラ釣りがあります。

竿、ライン、毛鉤(けばり)で構成される最もシンプルな魚釣りです。

このテンカラ釣りをするようになって、釣りの楽しみが増えました。簡単にご紹介します。

竿について

テンカラの竿は、意外と高いです。

エントリークラスで1万円程。

ラインだけで毛鉤を運ばなければならないですから、竿もそれなりの性能が要求されます。

五千円前後の廉価版もありますが、個人的には問題なしと問題ありの場合がありました。

竿先がデリケートですので、引っ掛かった時は慎重にした方がいいです。

この程度で折れるかという経験を二度程しました。

ラインについて

テンカラ用のラインがありますが、一仕掛分で千円程度はします。

ラインの重さで毛鉤を運ばなければならないので、何でもいいという訳にもいきません。

そこでフロロカーボンのラインを使いました。

4号というやや太いラインで、本来は海釣り用でしょうか。

これでうまくいくのかと疑問でしたが、案外うまく毛鉤を運べます。

フロロカーボンのラインは私が購入したもので二千円程度と安くはありませんが、二百メートルもあるのでしばらくは購入する必要はありません。

毛鉤(けばり)について

テンカラ専用の毛鉤もありますが、フライ用のドライのものを使えば、近くの店でも購入できます。

私はエルクヘアカディスとかパラシュート系のものを利用しました。

でも毛鉤ひとつは五百円程度。毎回出費が気になります。

ここは自作することにしました。

まだ自作して1年程ですが、釣れます。

テンカラ釣りではフライ釣りのように数多くの種類は必要なく、何使っても変わらないという人もいます。

毛鉤を作るのには道具が必要です。
代用もできますが、針を固定するバイスと、糸を巻く時に使うホビンホルダーは買った方が良いです。

毛鉤の羽の部分は鳥の羽で作りますが、これも五、六千円位はします。でも一度買えばしばらく使える量です。

私はホームセンターで売っている掃除用ハタキ(毛が鶏の尻毛のもの)も使ってみました。

結構使える部分もあって、これでも釣れます。
まだまだ使える素材はありそうです。

最後に

まだ若干説明しなければならないところがありますが、重要な点はこんなところでしょうか。

あとはみなさんで検索して調べてみてください。

毛鉤の巻き方や実際の釣り方はyou tubeの動画で優れたものがいろいろあります。

日本固有種の魚を日本の伝統の釣りで行うのは興味深いものです。

みなさんも是非チャレンジしてみてください。