我が家の春夏のお楽しみは海風に当たりながらのんびり楽しむ海釣り

我が家の春夏のお楽しみは海風に当たりながらのんびり楽しむ海釣り

気温が上昇し過ごしやすくなる季節、家族の予定が合うと必ず父の趣味である魚釣りへ家族で行きます。

父は基本海釣りしかせず、主に堤防でのんびり釣りを楽しみ、たまに仲間と一緒に船釣りをし大物を狙ったりしています(そんな船釣りで、昨年はマグロとカツオを釣ってきました)。

家族で釣りをする時は必ず堤防釣り!

以前は江ノ島の堤防で釣りをすることが多かったのですが、最近は真鶴の堤防で風と海の波音を感じながらのんびりと釣りを楽しんでいます。

エサは青イソメを使った投げ釣り。

海の遠方に餌を投げ入れ、ただひたすら魚の当たりを待ちます。

我が家では魚の当たりを待つ間のお楽しみがあります!

釣りに行く際に必ずBBQで使えるようなガスコンロとお水、やかんを持って行き、堤防でお湯を沸かしカップラーメンを食べるんです。

たかがカップラーメンですが、家で食べるのとは違い、海風を感じながら食べるカップラーメンの味は絶品です!

いつも朝の7時くらいから釣りを開始し、大体14時くらいには帰路に向かいます。昨年は大体6、7時間でかなりいいサイズのメゴチを5匹ほど、ベラを3匹。

堤防すれすれで小さい竿で釣りを楽しんでいた妹は小さめのタコを2匹釣りました。

家に帰ると、メゴチは天ぷらにしタコはサッとボイルし醤油を軽くつけて食べました(ベラは好きでないので海にリリースしました)。

やっぱり自分たちで釣った魚は格別に美味しいですね!