日本固有種ヤマトイワナや美しい渓流魚がいる渓

日本固有種ヤマトイワナや美しい渓流魚がいる渓

私が最も興味がある魚は日本の淡水魚です。

中でも渓流にいる渓流魚、イワナ、アマゴ、ヤマメなどは大変美しいと思います。

渓流釣りの中でも源流の釣りが好きですが、食べるためではなく観察するために釣っています。

今では渓流によってはブルックトラウトやブラウントラウト、ニジマスなどの外来魚が繁殖してしまっている渓もあり、日本固有種を脅かす存在となっているのは大変残念ではあります。

しかし、まだまだ日本固有種も残っている場所があります。

釣り

私は釣りに関しては餌釣り、てんから、ルアーを経験しました。

どの釣りにしても差はないように思いますが、渓流で餌を調達して行う自然の虫を使う釣りが好きですしよく釣れていると感じます。

狭い渓流や源流ではフライは振れませんので行うことはありません。

餌釣りが効率よく釣れるのは確かかもしれませんが、ルアーによって誘い出す方法もあります。

渓流の素晴らしさ

私の釣りはあくまでも観察ですから、キャッチアンドリリースを心がけています。

本当に美しい渓流には、大変美しいヤマトイワナと言われる固有種もおり、黄金に輝くその体は見ていても本当に美しいと感じます。

渓流によっては、放流されたニッコウイワナとの交雑種も見られることは残念だと感じています。

今ではそちらの方が多くなってしまっている渓流や、ニジマスが大量に繁殖している渓流もあります。

私がこの記事を書いたのはお願いがあったからです。

冬季には本来禁漁です。魚たちの繁殖期だからです。

ですが、心無い釣り人が「下見」などと称して釣りをしている姿を度々見かけます。

残念でなりません。

全ての釣り人、みなさんでルールを守って釣りをしてほしいと心から願っています。

釣った魚の無秩序な放流や禁漁期の釣り、規定サイズ以下の魚の持ち帰り、渓流にゴミを散らかすなどの行為を皆で防ぎあいたいと思っています。