自分で釣った新鮮な鮭の美味しい調理の仕方

自分で釣った新鮮な鮭の美味しい調理の仕方

自然豊かな北海道では、鮭を自分で釣りに行くのが流行っています。

毎年秋になると鮭が産卵のために海から遡上してきます。

このため、北海道では秋鮭釣りが住民の毎年の楽しみで、鮭が遡上する川に釣り人が集まってきます。

このような鮭は、秋鮭と呼ばれ、北海道では美味しいイクラを漬けたり、焼き鮭にして食べます。

私のおすすめの秋鮭の調理方法は、秋鮭のホイル焼きです。

私は、いつも自分で釣った秋鮭を新鮮なうちに冷凍もしくは、たくさんの野菜とともにホイル焼きにして食べます。

秋鮭のホイル焼きの調理方法は、まず釣った秋鮭を切り身に加工します。

そして、しめじなどのお好みのキノコと玉ねぎ、ニンニクを切ります。

次に、秋鮭と野菜を包める程の大きさのアルミホイルに、バターと自分で釣った秋鮭の切り身と野菜を入れ包みます。

これを油を敷いていないフライパンに並べて、中火で8分ほど焼きます。

8分ほど経った後、火を消して、アルミホイルを開けて、秋鮭と野菜に火が通っているかを確認します。

そして、最後に塩コショウをお好みでふりかけ味を整えたら、秋鮭と野菜のホイル焼きの完成です。

秋鮭釣りの醍醐味は、新鮮な秋鮭料理を楽しめることです。皆さんもぜひ秋鮭釣りをしてはいかがでしょうか。