大自然の魚釣り、トラウトフィッシングとは?

大自然の魚釣り、トラウトフィッシングとは?

皆さんはトラウトフィッシングをご存知でしょうか。トラウトフィッシングはヤマメやイワナと言ったトラウトと呼ばれる魚をルアーで釣り上げる釣りです。

トラウトフィッシングとは?

トラウトとは主に鱒科の魚のことをさします。トラウトフィッシングは日本全国にいるトラウトを様々なルアーを使って釣り上げる釣りです。

対象はヤマメやイワナはもちろんイトウなどの大型の魚や、ニジマスやブラウントラウトと言った外来種まで様々です。

使用されるルアーはスプーンを中心に、ミノー、スピナー、バイブレーション、マイクロジグなど使用する川の状況や釣り方に合わせて使い分けをします。

初心者におすすめのルアー

トラウトフィッシングの初心者におすすめのルアーはスプーンです。

スプーンは値段も比較的安価で、リールを巻くだけの簡単なアクションでもトラウトを釣り上げることができます。

サイズは川幅や流れに合わせて渓流では3g前後、中流から本流では5g前後、大河川や湖では10g以上のスプーンを使うことをおすすめします。

最後に

トラウトには日本古来から生息する貴重な魚種もたくさんいます。

特に最近は外来種の問題などで激減している魚種も多く、釣りをする際にもキャッチアンドリリースの徹底を心がけましょう。

また山へのゴミのポイ捨てなども環境の悪化の原因になります。長く釣りを楽しむためにはこれらの徹底が釣り人にも必要です。