天然のエサ、オキアミの大群が到来して海は入れ食い状態に!

天然のエサ、オキアミの大群が到来して海は入れ食い状態に!

寒くなって来てからというもの、今年もマイフィールドにはオキアミが入って来ています。

これが来てくれると、大小さまざまなお魚たちが集まって来て入れ食い状態になるので釣りもがぜん楽しくなります。

まぁエサとして売られてるくらいなので、天然のエサが勝手に泳いで集まって来てると思えば、下手くそな、休日にしか釣りしない初心者丸出し主婦にも釣れるって訳ですよね。

今季は、このしろ、ママカリ、カワハギ、セイゴと結構な釣果でしたよ。

普段、セイゴなんてだいたいバラしちゃうんですが、この冬はしっかりゲットして夕飯のおかずにさせてもらいました。

ママカリも結構な数釣れたので酢漬けにして毎晩ちょっとずつお酒のあてに食べてます!

中には釣りそっちのけでオキアミをすくってとっている人もちらほら。

以前、いただいたオキアミで塩辛ふうにしてみた事もあったのですが、釣りする身としては何となくお魚のエサというイメージが強くて正直また作りたい!というものではありませんでした。

もしかしたらこの時期にたくさん取っておいて冷凍などして釣りのエサにしようと考えられているのかもな、と思ったりして見ていました。

ところで、噂ですが、そんな中にすくったオキアミをそのまま踊り食いした人がいたそうで、なんとその人たちはノロウィルスにかかってしまったそう・・。

これだけ警戒されている中で、当然と言えば当然な気もしますね。

気の毒ですが、いくら新鮮とは言えとくに今年は生食要注意ですよ。