イシダイ釣りの外道のウツボの美味しい食べ方

イシダイ釣りの外道のウツボの美味しい食べ方

イシダイ釣りにはウツボはつき物です。特に貝をエサにする時期は良く釣れます。

ウツボには種類があり、食べておいしいのは虎柄のウツボです。

その他のウツボは釣り上げても食べれないので、そのまま捨てずに船頭さんに処分してもらうのも一つの方法です。

ウツボの料理

ウツボは小骨が非常に多いです。三枚に卸すと肛門から尾に向けて小骨がびっしり入っています。

根気のある人は小骨を全部抜けばいいですが、そこまでする必要の無い人は肛門から後ろは捨てるのがベストです。

料理方法は表面を焼くタタキと唐揚です。

タタキは皮の面を焦げ目が付くくらい焼きます。身のほうは色が変わればOKです。

焼きあがると、身のほうからソギ切りにして、薬味を添えたポンズでいただきます。びっくりするほど美味しいです。

唐揚は身を一口サイズより少し小さめに切ります。塩コショーをして、唐揚粉などでまぶして揚げます。

皮目に独特の食感がありとても美味しいです。

まとめ

ウツボは狙って釣る釣りではありません。あくまでも外道です。

釣りあげられたウツボは糸に絡みつくように撒きつきます。決して手で針をはずそうとせず、糸を持って磯にうウツボをぶつけて処理します。

死んだと思っても釣り針をはずそうとはしないでください。万一噛まれると危険です。糸を切って持ち帰ればいいです。

虎柄のウツボは一度食べると美味しさにはまってしまいます。イシダイ釣りの嫌われ者の外道ですが、一度試してみるのも面白いと思います。