ルアーを使った釣りは「待ち」ではなく「攻める」釣り

ルアーを使った釣りは「待ち」ではなく「攻める」釣り

ルアーを使った釣りの特徴は「攻める」釣りです。「ルアー」という擬餌針をリールを使って投げて、巻いて動かして釣ります。

特徴

日本古来の魚釣りは魚が食べるものを針に付けて、魚が泳いで来るのを「待つ」か、「まき餌」を撒いて寄せ集めて食いつかせる釣り方です。

これに対してルアーを使った釣りは魚のいる場所を探して、魚に似せた擬餌針を魚の鼻面に通して動かして「誘う」釣り方です。

この「誘う」という行為が「ルアー」の意味ですが、アングラーは魚を探して良く歩き、ルアーを投げてリールを巻いて良く動きます。

これが「スポーツフィッシング」と呼ばれる所以です。自分から積極的に「攻める」釣り方です。

釣れる魚

釣れる魚は「ブラックバス」「ライギョ」「ニジマス」「ブルーギル」「ブラウントラウト」「ティラピア」などの外来種だけでなく、「ヤマメ」「イワナ」「イトウ」「ナマズ」「ハス」「ニゴイ」など日本の在来種も対象になります。

いわゆる「フィッシュイーター」だけでなく「雑食」の魚も釣れます。

また、食欲で釣れるばかりではなく、興味から釣れる魚もいるようで、とうてい餌とは思えないルアーで釣れることも良くあります。

まとめ

ルアーを使った釣りというのは、魚のいるポイントを探しながらルアーを投げては動かしながら巻き取って、主に「フィッシュイーター」の魚を誘って釣る「攻める」釣り方です。

釣れる魚は「ブラックバス」「ライギョ」「ニジマス」「ブルーギル」「ブラウントラウト」「ティラピア」などの外来種の他、「ヤマメ」「イワナ」「イトウ」「ナマズ」「ハス」「ニゴイ」など在来種も釣れます。

餌とは思えないルアーでも釣れてしまうところが面白いところです。