夢にまで見た大物のシーバスを求めて、釣り場を点々と。

夢にまで見た大物のシーバスを求めて、釣り場を点々と。

魚釣り、なんて偉そうなことは言えないんですがね、これまでに釣りをした経験っていうのはあるんです。

ルアーでシーバスを追いかけておりました。初めてやったのは、もう、かれこれ二十年以上も前でしょうか。

仕事の同僚たちと夜な夜な大田区の京浜島へ行ったもんです。

何回か行ったんですが、その成果はって言いますと、二十センチほどのものが上手くルアーに引っかかったぐらいでございます。

なかなか難しい。でも、ここではけっこうな大きさのシーバスが釣れるらしいんですな。

大物狙いで狩野川へ

そんでもって、大物を狙おうということで、今度は静岡県の一級河川、狩野川へ出向いた。

この川は大手釣り具メーカーが大会を主催するほど、シーバス釣りで有名な場所であります。何でもランカークラスのシーバスが釣れるそうで。

たかが二十センチクラスのお魚を釣り上げた程度で、何が大物狙いだ、なんて恥ずかしいくて口に出せやしないんですが、そこは付き合いでございます。

案の定、坊主でございましたが。

お台場で大物シーバスを

それから仕事を換えてしまいましたので、釣りは一旦お休みいたしました。

それでも世の中には釣りキチという人はいるもので、職場でまたもや釣りに誘われて、今度はお台場でシーバスを狙いました。

しかし、やっぱりルアーじゃ釣れなかった。

朝方、もう引き上げようという時間に、買ってきたイソメが余ってしまったので、それをワームのようにつけて投げておりましたところ、ものすごい引きを感じたんです。

ゆっくりと慌てずにリールを巻き戻してみると、かかってる。急いで同僚にタモを用意させ、救い上げた。

それは六十センチを軽々と超える大物でした。ルアーじゃなかったけれど、確かに大物のシーバスを釣り上げた瞬間は、もう、言葉にはなりませんでしたな。